業務効率

企業が活動を行う際は、ヒト、モノ、カネの3大資源をうまく活用することが必要になります。
特にヒトは、この中でも特に大切な資源だといわれています。
これらを効率良く利用することによって、事業を成功に導くことができます。
資源を有効に活用することができるために、現在では、さまざまなシステムが導入されるようになりました。
具体的には、会計システム、顧客管理システム、案件管理システムなどです。
システムを利用する理由としては、少しでも業務効率を高め、コスト削減や新しいビジネス機会を獲得することにあります。

・ワークフロー
ワークフローは、仕事の流れを表し、処理手順や情報の流れを円滑にするためのものです。
一般的には、流れ図で利用されます。現在では、多くのシステムを利用して、ワークフローが自動化されるようになっています。
ワークフローは、自動化し、情報や業務が円滑に受け渡されるようにするものです。

・顧客管理
顧客管理とは、顧客の情報を管理することをいいます。
購入履歴や顧客情報を利用して、業務に活かすことができます。
また、顧客管理をすることによって、顧客の満足度を高めるためにも役立っています。

・案件管理
企業は、さまざまな案件を扱います。一つ一つをバラバラに管理していたのでは、非常に効率が悪くなってしまいます。
しかし、案件管理を行うことで、案件の始まりから終了までを管理することができます。
また、次の案件に移る際にも、案件管理が必要になります。

現在では、ワークフロー機能のついたシステムが多くあります。
ワークフローでは、顧客管理や案件管理を行うことができるものが増えています。

外部リンク

シングルサインオンで確かな顧客管理を実現;株式会社ハイ・アベイラビリティ・システムズ

勤怠管理システムのことなら|万屋一家シリーズ
ワークフローを導入して業務効率を上げましょう!;J-MOTTO
Microsoft Dynamicsはあなたの会社の仕事を円滑に;テクトラ