ナットはボルトに欠かせない|工業の現場で必要不可欠な道具たち

ネジ

養生シートの目的と種類

シート

養生シートの目的は建築現場での資材の落下やペンキの飛散やゴミの付着を防ぐことですが、最近では建設会社の広告をプリントしていることが多いです。養生シートには色々な種類があります。

読んでみよう

ガラスを保護する

工事用フィルム

飛散防止フィルムを窓ガラスに貼ることで、日常に起こりえる被害を防ぐことができます。たとえばガラスが割れた時の破片でケガを負ってしまう危険性が減るので、子どもたちの安全が守られます。

読んでみよう

足場での作業の注意点

工事現場

足場を組み立てて作業をするには資格が必要になります。ヘルメットと安全ベルトを着用して、上下作業をしないようにして、ケガに気をつけて作業を行いましょう。足場はレンタルすることができるので、活用しましょう。

読んでみよう

ボルトとナットの力

ボルト

ボルトとナットはセットで、お互いの力を使って資材を挟んで繋ぎます。ボルトが雄ネジでナットが雌ネジとなります。自転車や車などよく目にするものや、建物や橋の建設に必要になり、鉄骨同士を繋ぐことに多用されます。橋ではトラックやバスなどの重量が多い自動車が行き交いしているので、ボルトの中でも強力なハイテンションボルトを使用します。歩道橋でも使用されているので、ドライブ中でも実際に目で確認できます。ハイテンションボルトとは、強力な摩擦によって資材を繋げるので、締め付けるボルトよりも強力です。錆を摩擦に利用するので、錆を防ぐ加工をしていません。
一般的な六角ナットは自転車に多く使用されています。緩めたり締め付けたりする場合には、両端に六角に合うようになっている穴が空いているメガネレンチが必要になりますが、サイズの調整ができないので、サイズ別にそれぞれ用意する必要があります。ですが、耐久性がありますので、何度も開け閉めする場合はこちらを使った方がいいです。モンキースパナという工具はナットのサイズに合わせて調整ができるので、一本あればほとんどのナットを開け閉めできます。種類は1種2種3種とあり、側面からだと見分けが付きやすいです。1種では側面の1辺を面取り加工が施されていて、これが一般的なナットです。2種では2辺の両端に角の部分を削る面取り加工が施されています。3種は他のものよりも薄くなっています。

Copyright© 2016 ナットはボルトに欠かせない|工業の現場で必要不可欠な道具たち All Rights Reserved.